挑戦する気持ちが強く持とう

何事にも挑戦する気持ちが強いのは、仕事ができる人の特徴ではないでしょうか。
失敗を恐れずに、機会があるなら積極的に活用するという姿勢を持っている人が多いようです。仕事の経験を積むことは、看護師としての仕事をできるようになっていくには欠かせないことであり、機会を逃さないのは重要であると言えるでしょう。
しかし、その機会を逃してしまう人も多いのは事実であり、失敗を恐れて他の人に任せてしまうことは珍しくはないことです。しかし、その恐れを払拭して挑戦し続けなければ、成長することはできないものです。ただ、その壁を越えることができただけでは万全とは言えません。
仕事ができる人の特徴としては、ただ何事にも挑む取り組む力があるだけでなく、自分から挑むものを作り出す力も持っているのです。典型的な例となるのが、医師への挑戦であり、表立っては挑戦していなくても心の中で負けたくないと競う気持ちを抱いている人が多いそうです。医師が診断をしている場面で同じ診断を先に考えたり、これから医師が出すであろう指示を先読みしようとしたりして、常に医師よりも先に正しい判断ができるようになろうと意識している看護師もいるようです。
この繰り返しによって、医療全般の知識を深めていると言えるでしょう。仕事に対して挑戦する気持ちを抱いていることも多く、看護スキルの向上につながるのはいいことでしょう。
挑める相手を見つけて、心の中でしっかりと競い合うという姿勢を持っているのは、仕事ができる人の特徴であり、日々挑戦しているからこそいつも仕事に積極的に取り組んでいくことができるのでしょう。