自分にしかできないことを見出そう

仕事ができる人と言われるのは、ただ看護師として基本的な仕事を卒なくこなしているというからではないことが多いようです。目立って仕事ができるという認識をされている人は、ただ一人前の看護師になった人というわけではないのです。
本当に仕事ができると言われるほどに活躍している人は、他の人にはできない仕事ぶりを発揮しているのが特徴であり、そのために努力を重ねてきていることが多いようです。ただ職場で働いていては身に付けられない能力を職場の外で獲得し、それを仕事に応用することで自分だけの役割を果たせるようになっているのです。
仕事ができる人になりたいと考えたら、漫然と職場で働いていても無理だということを理解をする必要があります。積極的に他の人にはできない仕事を担えるように自分を磨こうと考えて実行に移すのが大切になります。勉強をして看護や医療に関する知識を増やすのは簡単な方法ですが、実践につなげるのが難しいという問題もあるようです。
一方で、研修を受けることは、スキルとしてすぐに活用できるものを習得できる機会として優れているでしょう。また、資格の取得は、この両者を同時に実現できることが多く、人に対して自分が特定の能力を持っていると示すことができる特徴があります。
勉強するという姿勢を持って、研修への参加や資格の取得を目指していくと、他の人にはできない仕事ができるようになっていくことでしょう。特に自分の職場で不足しているのは何かと考えて、それを補えるように自分のスキルを高めると仕事ができる人と認識してもらえるようになると思います。